おでんはだしが染み込み美味しい

冬の定番の料理として上がるのは、なんといってもおでんではないでしょうか。冬でなくても、夏でも冷やしおでんとして作られることもあるほどとても大好きな料理として作られています。おでんがいいのは、その味が染み込んでいるところです。その味が染み込んでいるのは、だしがきいているからです。
おでんを作る時に、だしは欠かすことができません。だしを作って、その中に下処理を下野菜やちくわなどの練り物をいれていきます。するとそれぞれの出す味と、だしの風味が合わさり、とても風味のあるおでんに仕上げることができます。
通常の素材でも、おでんにするととても食べやすくなりますね。特にだしが染み込んでいるのは、大根です。大根が、黒く見えるほど染み込んでいると、とても食べたくなるという人が多いのではないでしょうか。そんな誰もが好きなおでんを作って、家族で友人と食べるといいですね。後味もさっぱりしているのでその点でもオススメです。

コメントは受け付けていません。