お酢で塩分を控えよう

食事の中で、一番心配することとして塩分があります。塩分が多いと、血圧が高くなるなど生活習慣病が心配されます。そのため日々の食生活がとても重要ということが言えますね。
そんな時、塩分の代わりに使うことができるのがお酢です。お酢は、そのまま使うと少し癖がありますが、合わせ酢などにすることにより食べることができます。合わせ酢にすると、塩分をかなり控えることができるのです。お酢は風味があるので、その点で料理をおいしく食べることができます。
例えばごぼうなどは、胡麻とお酢があればたたきごぼうを作ることができますね。お酢はそんなふうに、それだけでもとても塩分なしでも美味しい料理にすることができるのです。
しかも食材の風味をより引き立たせることも出来るので美味しいです。調味料の味を先に感じてしまうというよりも、食材の味が分かるので食育としてもとても良い調味料ですね。子供さんにも、もっとお酢に馴染んでもらいましょう。

コメントは受け付けていません。