特産品の「へしこ」ってどんなもの?

「へしこ」という名前に耳馴染みのない人が多いのではないでしょうか。私の地元ではこの「へしこ」というものが有名ですが、そうではない人はそれが一体何を指しているのかわからないと思います。今回はこの「へしこ」について紹介したいと思います。

「へしこ」とは、青魚に塩を振って塩漬けにし、さらに糠漬けにした郷土料理、および水産加工品である。(Wikipediaより)

若狭から京都へ運ぶのに、長期保存する手段として、魚の塩漬け、へしこが誕生したようです。

味は、めちゃくちゃ塩辛いです。タダ口では食べられないし、一度に多く食べることもできません。ですが、この塩辛さが癖になるのでお酒と一緒に楽しんで食べる方も多いようです。さばへしこはオンラインショップで人気のご飯に合うのでうちの父も好きで、よく食べてました。

おススメの食べ方は、お茶漬けに入れる、パスタと一緒に和える、ピザの具材(アンチョビの代わり)に使うなどです。へしこは発酵食品でもあるので、血圧の上昇を抑える効果もあるので、おすすめです。

コメントは受け付けていません。